ジコカイジ

self-disclosure‐‐‐乳がんのこと、仕事のこと、生き方のこと。

1度目の乳がん 抗がん剤 CMF療法

2001年当時の抗がん剤は、CMF。

これ、結構吐き気が強く出る。


現在のように、良い吐き気止めがまだない時代、

とにかく吐き気をどうやり過ごすか。

結局、寝て過ごすしかなかった。

(16年後にまた吐き気と闘うとは思わなかったけど)

 

起き上がるのも困難で、

少しでもトイレに近いリビングルームに布団をひいて寝ていた。

 

投与してから3日間ほどは、食事もままならない。

果物、ヨーグルトでなんとかやり過ごす。

 

脱毛も早く来た。

しかし、全てが抜けることはなく、

かろうじて「すごく髪の毛の薄い人」という程度には残ったため、

ウイッグをかぶらなくても済んだのは幸いだった。

このとき、私34歳。

1999年から1年間のイギリス留学で貯金を使い果たし、無職。

30代で乳がんになってしまったことの先行きの見えなさ、

保険にも入っておらず経済的な心細さ。

 

なのに、である。

 

突然私は引っ越しを企てる。

アパートを引き払い、マンションへと引っ越した。

妹がこの年の11月に結婚して、家を出たため、

実家には母がひとりなっていたのも気になっていたので、

実家の近くで見つけた新築マンションだ。

 

ピカピカの新築マンションは快適であった。

広いリビングに、ベランダから向こうの抜け感が清々しい。

とにかく心が明るくなった。

 

このとき、仕事の話も舞い込んできた。

ある出版社の女性誌が、美容を担当する編集者を探していて、

私に白羽の矢が立ったのだ。

 

ここでやり直していくんだ、という気持ちが出てきた。